特定非営利活動法人

動物介在教育・療法学会

Asian Society for Animal-assisted Education and Therapy

ASAET
普及啓発
ASAETアカデミー

ASAETアカデミーは、動物介在教育・療法の普及啓発と、学会の研究活動を一般市民に公開し、ゲスト講師や学会の理事による専門的な情報を社会に還元することを目的として開催しています。講義を受講された方には、ASAETアカデミー修了書も発行しています。

ASAETアカデミー予告


ASAETアカデミー2022開催決定! オンライン&対面(ハブリッド方式)

テーマ:イヌやウマの顔の動きから行動を考える~動物の表情の符号化(Animal FACS)システムの解説


日時:2022年7月30日(土)14:00~15:00 お茶会 15:00~15:40(対面)
講師:柿沼美紀 日本獣医生命科学大学教授 ASAET理事長
会場:日本獣医生命科学大学(対面) ZOOM
会費:ASAET会員(オンライン無料/対面500円)
   一般(オンライン1,000円/対面1,500円)
   学生(無料)


Animal FACSとは、Ekman&Friesen(1978)が開発したヒトの表情の符号化システム(Facial Action Coding System: FACS)を動物用に発展させたものです(Waller et al., 2013)。少数の筋肉の収 縮や弛緩によって生じる動き(Action Unit)に基づいて顔の表情を符号化します。現在ではヒト以外の動物を対象とした FACS が開発されており、他 にもチンパンジーやオランウータン、ネコ、ウマ 等の FACSが開発されています (https://animalfacs.com/)。今回は、イヌとウマの FACS の説明と、それを用いた研究や実践の紹介をします。





過去のアカデミー


2021年12月17日 地球上の7−8割を占める「飼い主のいない犬たち(Free Ranging Dogs)」の生き方
2021年7月31日 「子どもの司法面接とアメリカの法廷犬」
2020年12月6日 沖縄の在来馬で地域を学ぶ~
2020年7月26日 ASAETアカデミー2020 犬の気持ちに寄り添うワークショップ
2020年12月8日 ASAETアカデミー2019 高齢者とペット問題~現場と学術的研究から
2019年7月27日 第1回ASAETアカデミー「AAE・AATでも実践できる愛犬のための料理教室」
2018年12月2日 国際学会報告会&お茶会
2018年8月25日 多摩動物公園で動物行動の基礎を学ぶ
2016年12月17日 動物の行動観察(ワークショップ)
2016年5月15日 ハンズオンワークショップ「犬の遺伝子について学ぼう」犬の行動と遺伝子の関係(遺伝子解析実習)
2015年12月13日 ASAET発行「Humane Education」翻訳出版記念講演会
テーマ『ヒューメイン・エデュケーションをどう読むか』
2015年5月30日 ひとと動物のかかわり基礎編
2014年6月21日-22日 発達心理入門「こどもの成長とペットとのかかわり」
2014年6月21日-22日 老齢学入門「高齢者とペットのかかわり」
2014年6月21日-22日 動物介在療法入門「動物介在療法の効果の検証」
2014年6月21日-22日 法律入門「ペットのトラブルQ&A」り」
2014年6月21日-22日 人と動物の関係学入門「サイレントコミュニケーション」
2014年6月21日-22日 セラピー犬入門「あなたの犬がセラピー犬になるまで」


養老孟司講演会

本学会の名誉理事長である養老孟司先生には毎年さまざまなテーマについてご講演をお願いしております。講演会の収益は学術大会における優秀発表者の表彰および賞金に充てられています。

2019年6月8日-9日 養老先生と行く昆虫教室
2019年2月3日  養老流 生き物との向き合い方
2018年2月10日 多様性の持つ意味を考える
2018年8月18日 養老ミニゼミ㏌養老昆虫館
2017年2月18日 「命の教育」について考える
2016年3月26日 「生き物から学ぶ」
2015年1月25日 チャリティ講演会&懇親会
2014年1月20日 「猫と暮らす」
2013年2月17日 「人と動物のかかわりの一番基礎的なこと」


ASAET情報提供事業

2019年2月24日 在宅医療介護従事者向け「知って得する犬の基礎知識」